【フレキュレル/副作用/成分】そばかすに危険があるか全成分まとめ

フレキュレル副作用

【フレキュレル/副作用】フレキュレルが安心して使える3つの理由

フレキュレルは、「美白クリームを使ったら肌荒れしちゃった」「敏感肌だからすぐピリピリする」など、敏感肌や乾燥肌など、肌が弱く新しい化粧品を使うことに不安を感じている人でも、安心して使うことが出来る、オールインワン美白クリームです。

フレキュレルが安心して使える3つの理由は、「肌に優しい成分が豊富で6つの無添加」「3種類のアレルギーテスト済み」「清潔に管理された国内工場で製造」の3つです。

肌への刺激がゼロに近づくように、6つの無添加と厳選した肌に優しい植物由来成分を豊富に使って作っています。

3つのテスト「累積刺激性テスト」「敏感肌用パッチテスト」「アレルギーテスト」を行って、安全性も確認しています。

毎日使う美白クリームだから、清潔に管理された国内工場で、医薬品と遜色ないレベルで製造管理されていると、安心して使えます。

悩みは解決したいけど、どれにしようか迷っているなら、フレキュレルが安心して使えるのでおすすめです。
 

Frequrell(フレキュレル)

安心安全のオールインワン美白クリーム


 

安心して使える3つの理由|無添加で肌に優しい成分が豊富

フレキュレルは、今まで化粧品に配合されていた6つの添加物を、安全性の高い成分で代用しています。

例えば、鉱物油の代わりにはメドウフォーム油などの植物油脂などで、代用しています。

フレキュレルは、今まで使われてきて副作用などの報告のない成分と、植物由来成分で作れています。

なので肌への刺激が少なく、子供でも使えるようにフレキュレルは作られているので、危険性は少なく安心して使えます。

ただ注意しないといけないのが、使われいる植物や果実にアレルギーを持っている人です。

梅果実やキウイやプルーンなどが配合されているので、何らかのアレルギーを持っている人は、配合されている全成分を確認して下さいね。

安心して使える3つの理由|3種類のアレルギーテスト済み

フレキュレルは、ヒトによる「累積刺激性テスト」「敏感肌用パッチテスト」「アレルギーテスト」の3つのテストを行っています。

3つのテストを行っているから安心と言われても、どんなテストをしているのか分かりませんよね。

漢字を見るとなんとなく解りますが、はっきりとは分かりません。

テストの内容がわかれば安心感が増すと思うので、3つのテストについて調べました。

この3つのテストをクリアしているので、安全性は高いと言えますが、フレキュレルを購入後は、必ず自分の体でパッチテストを行うようにして下さいね。

パッチテストは時間がかかって面倒くさいけど、顔に塗るものだから頑張ってやりましょうね。

それでは、3つのテストについて調べことを紹介します。

累積刺激性テストとは

累積刺激性テストとは、同じところに何度使っても、肌に異常が起きないかを確認するテストです。

テスト方法は、市販されているパッチテスト用の絆創膏を使います。

パッチテスト用の絆創膏を使って、24時間の連続刺激を3週間続けます。

その後、2週間の休息期間を設けます。

休息後、24時間刺激を与え続け絆創膏を剥がして60分後、どうなっているかを確認します。

そのまま絆創膏を剥がした状態で、24時間後に状態を確認して終わりです。

約6週間かけて状態を観察して、異常が起きないかを調べるのが、累積刺激性テストです。

フレキュレルを、24時間塗りっぱなしっていう状態は考えにくいので、ここまでテストしてくれていれば安心ですね。

一度の使用で刺激性のない化粧品・日用品であっても、それらが反復使用された場合に皮膚炎などのトラブルが生じない事が確認されていなければ安心して日常的に使用することができません。化粧品などを繰り返し使用した場合の累積刺激性やアレルギーリスクをIV型アレルギー惹起の有無でテストするのがRIPT(Repeated Insult Patch Test)試験です。
引用元:株式会社きれいテストラボ

敏感肌用パッチテストとは

敏感肌用パッチテストとは、敏感肌の人を対象に行うパッチテストのことです。

パッチテストとは、繰り返す皮膚症状、長びくかゆみの原因に遅延型アレルギー反応が関連していることがあり、その原因を特定するための方法です。

敏感肌用パッチテストの方法は、アトピー性皮膚炎や接触皮膚炎などの肌が弱い人でも使えるかを、市販のパッチテスト用絆創膏を使って、48時間パッチテストを行います。

最近では、敏感肌や乾燥肌など肌が弱い人が多くいるので、このテストは必須だと思います。

敏感肌の症状が酷い人は、例え敏感肌用パッチテストをしていると商品だとしても、新しい化粧品を使う前には、必ず医師に相談して下さい。

また敏感肌の症状が酷くない人でも、新しい化粧品を使う前には、安全のため自身の体を使って、パッチテストを行いましょう。

化粧品などを使用したときにヒリヒリ感、ピリピリ感、つっぱり感、ほてり感、かゆみといった感覚的な不快反応が生じないかを確認します。この試験成績にもとづいて安全性が確認された製品には「低刺激」「敏感肌向け」「敏感肌向けパッチテスト済」などと表示する事が可能です。
引用元:株式会社きれいテストラボ

アレルギーテストとは

アレルギーテストとは、化粧品を使用した時に、肌に異常が起きないかを確認出来るテストです。

テスト方法は、原料や製品を背中に3週間で9回貼付して観察します。

2週間休息期間を設けて、これまでとは別の場所に再度24時間貼付け。

剥がしてから1時間後、24時間後の皮膚反応を見て評価します。

問題なければ、アレルギーテスト済みと表記出来ます。

全ての人がアレルギーが起こらないというわけではないですが、アレルギーテスト済みと書いてある商品は、安全性は高いという目安になります。

特殊なアレルギーを持ってる人もいるので、新たしい化粧品を使うときは、アレルギーテストをしている商品であっても、パッチテストはして下さいね。

化粧品が肌に合わない場合に起こる皮膚炎の原因となるアレルギー性を、数種の試験でテストし、アレルギー性の皮膚炎を起こしにくい製品であることを確認するものです。但し、全ての方にアレルギーが起こらないというわけではないことをご了承下さい。
引用元:コープ化粧品

 

安心して使える3つの理由|清潔に管理された国内工場

私たち日本人は国内で作られていると、なんか安心しますよね。

国内の工場で実際に働いてみると分かりますが、化粧品とか医療品の工場は、服装など色々厳しいです。

床に張ってるラインのテープが剥がれてるだけで、すぐ直したりします。

クリームルームは、出入りのたびにコロコロで作業服のゴミを取って、エアーシャワーに入ります。

自分でコロコロするんじゃなく、二人一組でやるところもありますね。

それぐらい面倒だし、ちゃんとしないと厳しく言われます。

そういう工場で働いたことがあるので、日本製っていうだけであんな安心します。

海外の工場で働いたことがないので比較出来ないですが、国民性を考えると日本が一番安全だと思います。

だから毎日顔に塗るものは、安心出来る日本製が良いですね。

フレキュレルは、日本国内の工場で作られているので合格です。
 
→安心安全なフレキュレルに申し込む
 

【フレキュレル/副作用】フレキュレルに肌荒れなど副作用が出る危険性が少ない理由

フレキュレル副作用安全
新しい化粧品を買う時に、肌荒れなどの副作用が起きないかは、必ず考えると思います。

化粧品の中には、数多くの成分が入っているので、肌荒れなど肌トラブルが起こりやすい成分が入ってたりもします。

フレキュレルを買う時も、「表示指定成分は入っていないか?」「効果が強すぎる成分は入っていないか?」などは確認しました。

フレキュレルは通販限定なので、副作用が起こる危険な成分が入ってないかなど、自分が納得するまでゆっくりと調べることが出来たので良かったです。

調べた結果、肌荒れなどの副作用が起きる危険な成分は入っていませんでした。

ただ注意しないといけないのが、植物由来成分を使っているところです。

使用している植物・果物に対して、アレルギーを持っている場合は、必ず使っている成分を確認して下さいね。

アレルギーが大丈夫であれば、フレキュレルは安全性が高いので、子供・中学生・高校生でも安心して使えます。

思春期のお子さんで、そばかすに悩んでいるようなら、使ってみるという選択も良いんじゃないでしょうか。
 

Frequrell(フレキュレル)

安心安心の美白クリーム!


 

危険性のある表示指定成分(旧指定成分)ってどんな成分?

フレキュレルを買う時に確認した、表示指定成分(旧指定成分)というものがあります。

表示指定成分(旧指定成分)とは、

使う人の体質によってごくまれにアレルギー等の肌トラブルを起こす恐れのある成分として、薬事法によって商品への表示を義務づけられた成分です。表示の目的は、使用者が事前に肌トラブルを避けることができるようにするためで、現在は以下の102種類に、香料を加えた103種類が指定されています。
引用元:POLA

表示指定成分(旧指定成分)は、化粧品だけじゃなく、シャンプーや食品などにも入っています。

使っても問題ないとされていますが、使わないで済むなら、使わないで欲しい成分ではありますね。

フレキュレルには使われてないので安心して下さい。

使用者が事前に肌トラブルを避けることができるようにと作られた、表示指定成分(旧指定成分)を表にまとめたので、他の化粧品を買う時の参考にして下さい。

表示指定成分の名称・用途

表示指定成分の名称・用途を紹介します。

成分 用途 成分 用途
安息香酸およびその塩類 防腐殺菌剤 イクタモール(イヒチオール) 収れん剤
イソプロピルメチルフェノール(シメン-5-オール) 防腐殺菌剤 ウンデシレン酸およびその塩類 防腐殺菌剤
ウンデシレン酸モノエタノールアミノ 防腐殺菌剤 エデト酸及びその塩類(EDTA) 合成イオン
封鎖剤
塩化アルキルトリメチルアンモニウム(ベヘントリモニウムクロリド) 界面活性剤 塩化ジステアリルジメチルアンモニウム(ジステアリルジモニウムクロリド)(EDTA) 界面活性剤
塩化ステアリルトリメチルアンモニウム(ステアルトリモニウムクロリド) 界面活性剤 塩化ステアリルジメチルベンジルアンモニウム(ステアラルコニウムクロリド) 界面活性剤
塩化セチルトリメチルアンモニウム(セトリモニウムクロリド) 界面活性剤
など
塩化セチルピリジニウム 界面活性剤
塩化ベンザルコニウム(ベンザルコニウムクロリド) 界面活性剤
など
塩化ラウリルトリメチルアンモニウム 界面活性剤
塩化リゾチーム 酵素類 塩化アルキルジアミノエチルグリシン 界面活性剤
塩化クロルヘキシジン 防腐殺菌剤 塩酸ジフェンヒドラミン(ジフェンヒドラミンHCI) 消炎剤
オキシベンソン 紫外線吸収剤
安定剤
オルトフェニルフェノール(フェニルフェノール) 防腐殺菌剤
カテコール 防腐剤 カンタリスチンキ(マメハンミョウエキス) 毛根刺激剤
グアイアズレン 紫外線吸収剤
消炎剤
グアイアズレンスルホン酸ナトリウム 消炎剤
グルコン酸クロルヘキジン 防腐殺菌剤 クレゾール 防腐殺菌剤
クロラミンT 防腐殺菌剤 クロルキシレノール 防腐殺菌剤
クロルクレゾール 防腐殺菌剤 クロロフェネシン 防腐殺菌剤
クロロブタノール 防腐殺菌剤 5-クロロ-2-メチル-4-イソチアゾリン-3-オン 殺菌防腐剤
酢酸ラノリン 防腐剤 酢酸ポリオキシエチレンラノリンアルコール 界面活性剤
酢酸dl-αートコフェロール(酢酸トコフェロール) 基剤 酢酸ラノリンアルコール 基剤
サリチル酸及びその塩類 防腐殺菌剤 サリチル酸フェニル 紫外線吸収剤
ジイソプロパノールアミン 防腐剤 1.3-ジメチロール-5、5-ジメチルヒダントイン 防腐剤
臭化アルキルイソキノリニウム(ラウリルイソキノリニウムブロミド) 界面活性剤 臭化セチルトリメチルアンモニウム 界面活性剤
臭化ドミフェン 界面活性剤
防腐殺菌剤
シュウキョウチンキ 毛根刺激剤
ステアリルアルコール 基剤
乳化安定剤
セタノール(セチルアルコール、パルミチルアルコール) 基剤
乳化安定剤
セチル硫酸ナトリウム 界面活性剤 セトステアリルアルコール(セテアリルアルコール) 基剤
セラック 皮脂形成剤 ソルビン酸およびその塩類 防腐殺菌剤
チモール(2-イソプロピルメチルフェノール) 防腐殺菌剤 直鎖型アルキルベンゼスルホン酸ナトリウム 界面活性剤
チラム(テトラメチルチウラムジスルフィド) 防腐殺菌剤 デヒドロ酢酸およびその塩類 防腐殺菌剤
天然ゴムラテックス 基剤
接着剤
トウガラシチンキ 毛根刺激剤
dl-αートコフェロール(トコフェロール) 防腐剤 トラガント(トラガントガム) 増粘剤
トリイソプロバノールアミン 中和剤 トリエタノールアミン(TEA) 中和剤
トリクロサン(トリクロロヒドロキシジフェニルエーテル) 防腐殺菌剤 トリクロロカルバニリド(トリクロカルバン) 防腐殺菌剤
ニコチン酸ベンジル 消炎剤 ノニル酸バニリルアミド 防腐殺菌剤
パラアミノ安息香酸エステル(エチルPABA) 紫外線吸収剤 パラオキシ安息香酸エステル(パラベン) 殺菌防腐剤
パラクロルフェノール 紫外線吸収剤 パラフェノールスルホン酸亜鉛(フェノールスルホン酸亜鉛) 収れん剤
ハロカルバン 防腐殺菌剤 2-(2-ヒドロキシ-5-メチルフェニル)ベンゾトリアゾール 紫外線吸収剤
ピロガロール 色剤原料
防腐殺菌剤
フェノール(石灰炭) 防腐殺菌剤
ブチルヒドロキシアニソール(BHA) 防腐剤 プロピレングリコール(PG) 保湿剤
ヘキサクロロフェン 防腐殺菌剤 ベンジルアルコール 香料など
没食子酸プロピル 防腐剤 ポリエチレングリコール(平均分子量が600以下のもの・PEG) 基剤
ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩類(ラウレス○) 界面活性剤 ポリオキシエチレンラノリン 界面活性剤
ポリオキシエチレンラノリンアルコール 界面活性剤 ホルモン(エストラジオール・エストロン・エチニルエストラジオール・酢酸コルチゾン・ジエチルスチルベルトロール・ヒドロコルチゾン・プレドニゾロン・プレドニゾン・ヘキセストロール) ホルモン
ミリスチン酸イソプロピル’(IPM,イソプロピルミリステート) 基剤 2-メチル-4-イソチアゾリン-3-オン 殺菌防腐剤
メチルレンビスウレア 防腐剤 ラウリル硫酸塩類 界面活性剤
ラウロイルサルコシンナトリウム 界面活性剤 ラノリン 基剤
液状ラノリン 基剤 還元ラノリン 基剤
硬質ラノリン 基剤 ラノリンアルコール 基剤
水素添加ラノリンアルコール 基剤 ラノリン脂肪酸イソプルピル 基剤
ラノリン脂肪酸ポリエチレングリコール 基剤 レゾルシン 殺菌防腐剤
ロジン(レジン、コロホニー) 粘着剤 タール系色素 色材

表示指定成分(旧指定成分)の中で、気になる成分を抜粋しました。

クロルヘキシジン

消毒薬として多く使用されている成分で、医療用医薬品として主に、手術前の手の消毒に使用されることが多い。

歯肉炎や歯周病を軽減・予防する効果も期待出来る成分です。

市販では、有名なオロナインにも配合されています。

過去にアナフィラキシーショックを起こしたことがあるので、日本では結膜嚢以外の粘膜への使用は禁忌扱いとなっています。

ジフェンヒドラミン

炎症や気道分泌の抑制・鎮静作用がある成分で、風邪や鼻炎など抗ヒスタミン剤として使われています。

副作用として、眠気、口渇、心拍の増加、瞳孔拡大、尿閉、便秘、高用量では幻覚、せん妄一時的な勃起障害、興奮性、また高用量では嘔吐がある。

緑内障の患者や前立腺肥大等下部尿路に閉塞性疾患のある患者への使用は、禁止されています。

眠気の副作用を利用して、睡眠改善薬として一般用医薬品として販売されている。

日本睡眠学会のガイドラインでは、「一時的な不眠」に使用することが原則で、慢性の不眠症の場合には、ジフェンヒドラミンなどの第一世代抗ヒスタミン薬は推奨されていません。

オキシベンゾン

紫外線吸収剤の一種で、別名:ジビドロキシベンゾフェノンとも呼ばれます。

単体での紫外線吸収力は強くないので、他の紫外線を吸収する成分と組み合わせて使われることが多いです。

紫外線を吸収するので、日焼け止めに配合されていますが、オキシベンゾン自体がシミの原因になりやすいと指摘されている。

またサンゴ礁に悪影響(白化や遺伝子損傷)を与えて、環境破壊の原因になるとされているので、オキシベンゾンとオクチノキサートは、ハワイでの使用が2021年1月1日から禁止されます。

他にもサンゴ礁に悪影響を与える成分は、アボベンゾン・オクティノセート・ホモサレートなどがあります。

クレゾール

独特な臭いがある成分で、殺菌力が強く消毒・防腐剤として使用されている。

損傷した皮膚から吸収されやすく、低濃度でも繰り返し長時間接触していると、紅斑など皮膚炎の症状が出る。

高濃度が付着すると灼熱・知覚麻痺などが起こり、放置しておくと壊死が起きたりします。

高濃度のものを扱う場合、手袋・メガネ・マスク着用して使用しないと危険。

クレゾールは気化しやすく、少量でも摂取すると健康被害の恐れがあります。

工業排水などで大量に破棄すると、大気中に有害成分濃度が濃くなり危険なので、下水道法によって5ppmの排水規制が定められている。

独特の臭いと破棄の規制など、扱いにくいので使用は減少している。

天然ゴムラテックス

ゴム樹の樹皮から出てくる乳液のこと。

天然ゴムを使用した製品で皮膚障害が出たことがある人は、ラテックスアレルギーの恐れがあります。

ラテックスアレルギーを持ってる人は、ゴム手袋やコンドームなどのラテックスが使われている商品に触れると、赤み、かゆみ、蕁麻疹など皮膚障害が起こったり、アナフィラキシーショックを引き起こします。

ラテックスアレルギーがある人は、クリ・バナナ・アボガド・キウイフルーツなどの果物を食べても、アレルギーが出ることがあります。

化粧用パフ、つけまつ毛用の接着剤、二重まぶたを作るための接着剤などに使われているます。

トリクロロカルバニリド

薬用石鹸、うがい薬、食器用洗剤、練り歯磨き、化粧品など、様々な場面で使用されている一般的な家庭用の抗菌剤ですが、アメリカでは健康リスクから販売が禁止されています。

トリクロサン等を含む薬用石けんの切替えを促します
本年9月2日、米国食品医薬品局(FDA)が、トリクロサン等19成分(注)を含有する抗菌石けんを米国において1年以内に販売を停止する措置を発表しました。

米国での措置を踏まえ、日本化粧品工業連合会及び日本石鹸洗剤工業会は、これらの成分を含有する薬用石けん※に関し、これらの成分を含有しない製品への切替えに取り組むよう会員会社に要請しました。

※  国内ではこれらの成分を含有する薬用石けんがこれまで約800品目承認されています(注:現在流通していない製品も含む。)が、これらの製品 に関連した医薬品医療機器法上の健康被害は報告されていません 。

これを受けて、厚生労働省としても、この切替えの取組みを促すため、別添のとおり、製造販売業者に対して、流通する製品の把握と、製品を1年以内に代替製品に切替えるための承認申請を求めるとともに、その際の承認審査を迅速に行うことを通知しました。

なお、製品の流通状況等は、今後、薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会に報告する予定です。

引用元:厚生労働省

健康被害の報告は出ていませんが、薬用・消臭・抗菌など書いてる石鹸・メイク落とし・シャンプー・美容クリームなどに使われていることが多いので、注意して下さい。

薬用石鹸で同じみのミューズは、公式サイトで順次対応していくと掲載されています。

 
→安心安全なフレキュレルに申し込む
 

【フレキュレル/副作用】肌荒れなど肌トラブルが起こる原因は何なのか?

肌荒れなど肌トラブルが起こる原因は、「成分が合わなかった」「洗顔など正しいスキンケアが出来ていない」「使用期限が過ぎている」や、「紫外線」「乾燥」「バリア機能の低下」「生活習慣の乱れ」「内蔵の不調」「生理周期による皮脂分泌の増加」「活性酸素の影響」など色々な原因があります。

色々ある肌荒れ原因の中で、多くの人が気にしてないのが、使用期限だと思います。

使用期限も肌トラブルを起こさない上で、大事な要素になるので解説しますね。
 
 
使用期限については、未開封と開封済みで使用期限が違って来ます。

化粧品の使用期限は、未開封で3年、開封済みで3ヶ月の商品が多いです。

未開封商品は、あまり気にしなくても良いと思いますが、開封済みに関しては、肌トラブルの原因にるので注意してくださいね。

開封すると空気にふれるので、開封した瞬間から酸化が始まり、商品は劣化して行きます。

化粧品の酸化が進むと品質が低下して、肌トラブルの原因になります。

酸化とは

リンゴのスライスとあなたの肌の共通点は何でしょう?どちらも、放って置くと酸化するところです。酸化は、変色と劣化をもたらす自然のプロセス。体内では常に酸化が起きていますが、肌の酸化は早期老化、くすみ、ソバカスの原因となります。
引用元:SK-2

 
開封済みの商品は、指定されてる量・回数を守って、品質が保たれているうちに使い切りましょう。

どうしても使い切れなかった場合は、正しく保管すれば大丈夫だそうです。

保管する時には、容器の口元をきれいにふき取り、キャップをきちんと閉めて、温度変化が少なく直射日光のあたらない場所に保管してください。ただし、開封した時に変な臭いがしたり、分離している場合は、変質している可能性がありますので、使用は避けてください。
引用元:日本化粧品連合会

化粧品の使用期限について

化粧品の多くは、未開封で製造日から3年が使用期限です。

ですが、ほとんどの化粧品には、製造日は記載されていません。

製造日に関しては、条件を満たしていれば書かなくても良いと、法律で定められているからです。

医薬品医療機器等法では、「製造又は輸入後3年を超えて性状及び品質が安定なものは使用期限の表示を行わなくても差し支えない」としています。つまり、3年以上品質を保てる商品については製造月日をつける必要がないのです。多くの化粧品は3年以上もつように作られているということですね。
引用元:Dr.Ci:Labo

法律で定められていると言っても、高温にさらされてる所で保管していれば、劣化は早くなります。

日本で化粧品を購入する場合でも、肌トラブルが起こる可能性を下げるためにも余裕を持って、購入してから2年ぐらいで使い始めるのが良いと思います。

フレキュレルは未開封で2年、開封済みで1~2ヶ月で使いるのを想定しているので、品質が劣化しないうちに用量・回数を守って使い切りましょう。
 

Frequrell(フレキュレル)

安心安全のオールインワン美白クリーム


 

【フレキュレル/副作用】危険性のある成分を使っていないか成分を調査

フレキュレル成分
フレキュレルには、危険性が高い成分を使用していないので、安全性は高い美白クリームです。

ですが、稀に化粧品に入っている成分が原因で、大きな問題が起こることがあります。

それが起こったのが、2013年7月に起きたカネボウの白斑事件です。

この時に問題になった成分がロドデノールとういう成分です。

ロドデノールが配合されたカネボウの美白製品を使った人に、「肌がまだらに白くなった(白斑様症状)」という症状が出て大問題になりました。

白斑様症状を確認した方が19,602人、回収した対象商品が703,881個と、かなりの規模に広がっていました。

この事件から、美白化粧品は危ないというイメージがついてしまったと思います。

その他にも美白成分で有名な、ハイドロキノンという成分もあります。

ハイドロキノンは美白効果が高く、日本での市販販売は4%までの配合が厚生労働省に許可されていて、それ以上になると病院での処方が必要になります。

5%の濃度のハイドロキノンは動物実験で発がん性が指摘されているので、ヨーロッパの多くの国で人体への使用が禁止されている。

というように、効果が高い分、その反動で副作用が大きいですね。

フレキュレルには、効果が高すぎるものや、問題の起きた危険成分は入っていないので、安心して使えます。
 

Frequrell(フレキュレル)

安心安心の美白クリーム!


 

フレキュレルに含まれる美白に有効成分

フレキュレル副作用
フレキュレルは、医薬部外品の薬用美白クリームなので、有効成分を記載することが出来ます。

医薬部外品とは

日本の医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律に定められた、医薬品と化粧品の中間的な分類で、人体に対する作用の緩やかなもので機械器具でないものである。

予防効果をうたったり、医薬品よりは緩和だが人体に何らかの改善効果をもたらすものがこれに含まれる。
引用元:wikipedia

もう少し分かりやすく言うと、効果・効能が認められた有効成分が、一定の濃度で含まれていているもので、薬のように病気を治すほど強い作用はなく、予防に使われます。
 
 
フレキュレルで記載出来る有効成分は、「トラネキサム酸」「グリチルリチン酸ステアリル」の2つです。

シミ・そばかすに効果があると、国に認められた有効成分がトラネキサム酸で、グリチルリチン酸ステアリルは、抗炎症作用に優れています。

フレキュレルに記載されている、有効成分についてもう少し詳しく紹介します。

トラネキサム酸

2002年に医薬部外品美白有効成分に承認された、水溶性のt-シクロアミノ酸誘導体のアミノ酸の一種で、炎症を引き起こす酵素を抑制する、抗プラスミン作用も持っています。

トラネキサム酸は、医療用医薬品として使用されてきた成分で、肝斑の改善効果も知られていましが、薬局やドラッグストアなどで買える、初めて肝斑(しみ)の改善が効能として認められた成分です。

肝斑は女性ホルモンの影響が大きいと言われていますが、トラネキサム酸は女性ホルモンの分泌などに影響を与える成分ではありません。

トラネキサム酸は、メラニン発生の要因のひとつと考えられるメラノサイト活性化因子「プラスミン」をブロックすることで、肝斑の原因となるメラニンの発生を抑制し、この結果肝斑を薄くする作用があると考えられてます。

トラネキサム酸は抗炎症作用もあるので、肌荒れの予防にも効果を発揮してくれます。

長年使用されていて効果が実証されている上に、副作用の心配がほとんどない最高の成分です。

トラネキサム酸は、フレキュレルなどの外用と薬局などで第一類医薬品として錠剤タイプも販売されています。

グリチルリチン酸ステアリル

医薬部外品抗炎症有効成分として承認された、マメ科植物カンゾウ(学名:Glycyrrhiza Glabra 英名:licorice)の根茎から抽出して得られる成分を加水分解・結合した油溶性のグリチルレチン酸誘導体です。

カンゾウは漢字で「甘草」で、中国、ロシア、中央アジア、中近東、欧州などに自生する多年生植物です。

甘草は、薬用植物として世界中で利用されており、「生薬の王」とも称されています。

その歴史は4,000年にわたるとされており、古代バビロニアのハムラビ法典に薬として記述されています。

グリチルリチン酸ステアリルは、優れた抗炎症作用を持ちながら、肌への刺激が少ない成分として、医薬部外品や化粧品の分野で、最も汎用される成分の一つとなっています。

肌荒れやニキビ、紫外線などで、肌が炎症を起こした場合にも効果的です。

ただ医薬部外品の配合の上限は0.3%なので、効果は穏やかなになります。

グリチルリチン酸ステアリルは、様々な製品に長年使われていて、副作用の心配はない成分です。
 

Frequrell(フレキュレル)

安心安心の美白クリーム!


 

フレキュレルに含まれる有効成分以外の成分一覧

フレキュレル副作用成分
フレキュレルの有効成分以外の、全成分についても調べました。

有効成分として国から認められていないからと言って、効果が期待できないという訳ではありません。

色々な化粧品に使わていて、効果を発揮している成分も多いので、安心して下さいね。
 
 
有効成分を含め全成分を調べましたが、副作用が起きたという事例は、確認出来なかったので安心して使えます。

でも体調が悪いときや、肌荒れが酷い場合などは、症状が治まってから使うようにして下さいね。

体の状態が悪いまま使うと、さらに酷くなる場合もありますので、気をつけて下さい。

他にも、マカディミアナッツやキウイなどの、果物や植物によるアレルギー反応が出る場合がありますので、必ず成分を確認してから購入して下さい。

それでは、有効成分以外の成分を紹介します。

アルピニアカツマダイ種子エキス

アルピニアカツマダイの種子から得られた医薬部外品専用の抽出エキスです。

メラニンブレーキシステムを活性化して、シミ・そばかすの原因であるメラニンの過剰分泌を抑える働きがあります。

毛穴の黒ずみの原因にもなる、メラニンの生成を抑えてくれるので、美白効果が期待できます。

単体でというようよりは、他の美白成分と組み合わせるのことで相乗効果を発揮します。

副作用が起きたという情報は見つからなかったので、アルピニアカツマダイ種子エキスは安全性の高い成分です。

タイムエキス(1)

シソ科植物ワイルドタイムの全草から抽出したエキスで、ワイルドタイムはハーブの一種です。

タイムエキス(1)(商品名:シンデレラケア)は、メラニンを運ぶ「キネシン」の発現を抑え、メラニンの移動を抑制する働きがあります。

メラニンの移動が抑制されるので、表皮細胞にメラニンが定着しないことで、シミ・そばかすが出来る原因を防いでくれます。

他にも、収れん作用や抗炎症作用があり、肌のキメを整えて健やかに保つ作用もあります。

シンデレラケアとは、肌の再生修復に大切な夜0~2時が、シンデレラタイムと呼ばれています。

そのシンデレラタイムを、24時間持続させる働きです。

プルーン酵素分解物

プルーンはヨーロッパスモモの一種で別目:セイヨウスモモ呼ばれ、ヨーロッパから西アジアを原産とする植物で、プルーンを分解したときに得られる成分です。

プルーンには、ビタミンA,B,C,E、鉄分、カルシウム、カリウム、ミネラル、食物繊維など多くの有効な成分が含まれています。

表皮細胞(ケラチノサイト)がメラニンの取り込みを抑制するので、シミ・そばかすが出来る原因を防いでくれます。

他には、肌の美白作用の向上や皮膚バリアの改善、抗老化などの効果が期待出来ます。

2010年ごろから使われた成分ですが、現時点では副作用が出たという情報は見つからなかったので、安全な成分です。

ですが、プルーンを食べてアレルギーが発生したことがある人は、医師等に相談することをおすすめします。

ユキノシタエキス

ユキノシタ科植物の全草から取られたエキスで、インドの伝統医学「アーユルヴェーダ」では薬用の植物として使われています。

日本や中国では、民間療法として解熱・湿布・化膿・中耳炎などに使われていました。

タンニンやフラボノイド、アルブチンを多く含んでいて消炎・殺菌効果や、メラニンを作るチロシンキナーゼ酸素を消去する働きで、老化防止・美白効果が期待できます。

肌あれ、にきび予防、しみや、しわなどのアンチエイジング効果・抗酸化作用、紫外線で破壊されたDNAの修復を促進する効果も期待されています。

ユキノシタエキスに副作用の情報は見つからなかったので安全な成分です。

キウイエキス

マタタビ科の落葉蔓性植物「キウイフルーツ」の果実から抽出されるエキス。

ビタミン類をはじめたんぱく質、アミノ酸、タンニン、糖類などを含む天然の植物成分で、美肌作りに欠かせない栄養素が豊富に含まれています。

ビタミンCの含有量が多いので、収れん作用や皮膚を柔らかくする効果も期待出来ます。

またビタミンCは、抗酸化作用が高いので、ターンオーバーの正常化をサポートして、老化防止の効果も期待出来ます。

肌深部のメラニン排出を促進する働きがあるので、美白作用が期待されています。

キウイフルーツは、果物の中でもアレルギーの発生頻度が高いです。

キウイアレルギーの無い方も、パッチテストを行ってから使うようにして下さいね。

アレルギー以外の副作用の情報は見つかりませんでした。

ウメ果実エキス

日本でよく食べられるウメから抽出したエキスで、アンチエイジング・くすみ予防・保湿効果が期待出来ます。

ウメ自体には、血流の改善や疲労回復、殺菌作用があります。

ウメ果実エキスは、ムメフラールという成分が多く含まれています。

ムメフラールが、くすみの原因であるタンパク質と糖が結合して肌の内部でおこる、メイラード反応(糖化)を抑える抗糖化作用に優れています。

糖化とは、肌の表面が茶色くなって、たるみやシミ・シワなどの、肌が老化する原因の1つです。

ウメはバラ科なので、バラアレルギーがある方は医師等に相談することをおすすめします。

ウメ果実エキスの副作用の情報は見つかりませんでした。

アーティチョークエキス(バイオベネフィティ)

キク科植物のアーティチョークの葉から抽出したエキスで、肌のくすみや色素沈着の予防・改善が期待出来る医薬部外品の成分です。

昔から薬用ハーブとして、肝機能の促進等の目的でも使われています。

アーティチョークに含まれるシナロピクリンが、肌に悪影響を及ぼすNF-kBを抑えて、ターンオーバーを正常化導いてくれます。

それ以外にも、メラニン細胞の生成を抑えたり、毛穴トラブル、肌のハリの低下、肌荒れ、光老化など幅広く効果がある成分です。

アーティチョークはキク科なので、キクアレルギーのある方は医師等に相談することをおすすめします。

アーティチョークの副作用の情報は見つかりませんでした。

コンフリーエキス

ムラサキ科ヒレハリソウ属の多年草で、和名は「ヒレハリソウ(鰭玻璃草)」の葉から抽出されたエキスで、昔から癒やしや肌の修復などの目的で使用されていたハーブです。

消炎、かゆみの抑制、保湿、収れん効果が期待され、乾燥や肌荒れを予防する化粧品に使われています。

副作用の情報は見つからなかったので安全な成分です。

ボタンエキス

ボタンから抽出されるエキスで、抗炎症効果により紫外線から肌を守ったり、肌荒れやアンチエイジングの効果も期待されています。

マンダムが、紫外線による皮膚の色素沈着を引き起こす「サンバーン」(紫外線によって肌が赤くなる炎症反応)の炎症物質「CXCR3」が紫外線によって増加することを発見しました。

この炎症物質をボタンエキスが抑制することで、その後に起こる色素沈着を抑えることが分かり、今までと違ったアプローチで美白効果を発揮してことに期待しています。

ボタンエキスに副作用が出てという報告はありませんでした。

サクラ葉抽出液

サクラの葉から抽出されるエキスで、ヒスタミン遊離の抑制や抗炎症作用があります。

民間薬として、解毒・鎮咳薬・腫れ物・蕁麻疹などに利用されていました。

それ以外には、メラニン生成の抑制、肌荒れ改善、保湿作用などが期待されています。

サクラ葉抽出液に副作用はなく安全な成分です。

オウゴンエキス

シソ科の多年草であるコガネバナ(黄金花)の根の部分から抽出されたエキスで、消炎・保湿・抗アレルギー・抗酸化などの働きがあります。

呼吸器・消化器・泌尿器の炎症などの症状に、漢方薬として処方されています。

それ以外にも、紫外線からのダメージを減らして、メラニンの排出を促進する効果や、皮脂分泌の原因になる男性ホルモンを抑制し、ニキビなどの肌トラブルを防ぎ、無駄毛予防にも期待されてます。

昔から使用されている漢方薬で、副作用の情報はなく安全です。

コーヒーエキス

アカネ科の植物のコーヒーノキの種子から得られるエキスです。

コーヒーの香り成分のクロロゲン酸は、強力な抗酸化作用があると言われています。

活性酸素を除去し紫外線を防ぐ働きがあるといわれていて、エイジングケア効果が期待されています。

コーヒーエキスに副作用の報告はありませんでした。

アロエエキス(2)

ユリ科の植物のアロエベラから抽出したエキスで、保湿作用や消炎効果、紫外線吸収効果があると言われています。

昔から各家庭においてあって、すり傷などを治すのに使われたり、煎じて飲むと腹痛が治まったりと、万能薬として使われていました。

アロエに含まれるアオエシンという成分が、メラニンの元になるチロシンキナーゼの動きを抑制する働きがあり、美白効果に期待出来ます。

プルーン分解物と組み合わせることで、ミトコンドリアトランスファーが促進され、抗老化作用が高まります。

ヨクイニンエキス

イネ科の植物ハトムギの種子の部分を粉末にしたものから抽出したエキスで、肌荒れの改善、ターンオーバーの改善、保湿効果があると昔から使われいます。

肌の潤いを保つ天然保湿因子(NMF)を補ってくれます。

イボ治療やニキビ治療薬としても使われています。

ヨクイニンは生薬としても使わているので、内側と外側の両方からアプローチ出来ます。

ホエイ(2)(牛乳)

ヨーグルトの上部に溜まってくる液体に含まれてる成分で母乳に近く、構成が天然保湿因子(NMF)に近いので肌に優しい成分です。

ホエイに含まれるα-ヒドロキシ酸は、保湿性が高く化粧品と相性がとても良いので、多くの商品で使われています。

他にも、アミノ酸や乳酸の成分の効果で、ターンオーバー促進、肌荒れ改善、メラニン生成抑制、抗炎症作用、アンチエイジング効果が期待されています。

ホエイには必須アミノ酸が含まれているので、プロテインに良く使われています。

副作用の報告は見つかりませんでした。

セイヨウナシ果汁発酵液

セイヨウナシのエキスで、果糖やリンゴ酸、クエン酸、ミネラル、遊離アミノ酸、タンニンなどの成分が含まれています。

果汁の発酵で生成されたAHAが、硬くなった肌を柔くする働きがあると言われ、柔軟になった肌にタンニンなどの成分を届け、ターンオーバーの促進、皮膚弾力、保湿等の作用が期待されています。

ヒメフウロエキス(プリンセスケア)

フウロソウ科フウロソウ属のヒメフウロ(姫風露)の全草から得られたエキスで、紫外線による皮膚の光老化に関わっているトリプターゼの働きを抑えてくれます。

光老化とは、長年にわたり紫外線を浴びることによって引き起こされる肌の老化現象のこと。

トリプターゼを抑えることでシワの発生を予防して、アンチエイジング、肌荒れ、光老化を防ぐ効果が期待されています。

副作用の情報は見つからなかったので安全な成分です。

ニーム葉エキス

村の薬局と呼ばれるセンダン科の常緑樹で、樹皮・種子・実すべての部位で薬効があり、ジャスミンに似た甘い香りがします。

ニームオイルとして使用すれば、害虫予防にもなります。

インドの伝統医学「アーユルヴェーダ」では、神様から授かった奇跡の木として最も重要な植物とされています。

ニーム葉エキスには、抗炎症作用とメラニンを生成を抑制による美白効果、活性酸素の除去による色素沈着を抑制したりしてくれます。

ニーム葉エキスの副作用の情報はありませんでした。

N−ステアロイルジヒドロスフィンゴシン

皮膚のバリア機能の改善、水分保持に効果があるとされています。

ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン

角質細胞間脂質の一種で水分保持性に優れる成分です。

肌のうるおいを守り、キメを整える働きに優れています。

N−フィトスフィンゴシン

天然の抗炎症剤でセラミドの主要構成成分です。

バリア機能形成に特化したセラミドです。

ベヘニルアルコール

ナタネ油から取れる高級アルコールで、エターナルの代わりに使用されます。

アルコールと表示されますが、アルコール系の物質ではなく油系の物質になります。

食品にも配合される成分で、クリーム・乳液・化粧水や肌荒れ防止、トリートメント。コンディショナーなどの商品に配合されることが多い成分です。

安全性が高く、副作用の心配がないので、肌の弱い赤ちゃんにも使用出来ます。

ペンタステアリン酸デカグリセリル

天然由来の脂肪酸のステアリンとポリグリセリン-10の非イオン性界面活性剤です。

乳化剤として食品にも使用されている安全性の高い成分です。

ステアロイル乳酸ナトリウム

高級脂肪酸のステアリン酸と乳酸で構成されたアニオン界面活性剤です。

皮膚保護作用をもつ乳化安定剤としてセラミドと一緒に配合されていることが多いです。

天然ビタミンE

天然ビタミンEは大豆、菜種などの植物油脂から抽出・精製され、d-α、d-β、d-γ、d-δ-トコフェロールの混合物です。

ビタミンEは皮膚から直接吸収され、皮膚の血行促進や皮膚温を上昇させるとともに、微小血管の透過性亢進を抑制します。

抗酸化作用、血流促進作用、抗シワ・抗老化作用、メラニンの沈着抑制、保湿、紫外線を防ぐ作用を有しています。

ビタミンEの一番の働きは抗酸化作用です。

体内にある脂質が酸化するのが老化の一番の原因と言われているので、ビタミンEが酸化を予防してくれるので、アンチエイジング効果が期待出来ます。

体だけでなく商品の酸化も防止してくれます。

トリメチルグリシン(ベタイン)

サトウダイコン、綿実、キノコなどの植物やエビ、カニ、タコなどから取れる、アミノ酸系の保湿成分です。

吸湿性と保湿性が高く、浸透性に優れ、髪や肌に柔軟・弾力性とうるおいを与えます。

マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリル

マカデミアナッツ由来脂肪酸のフィトステロールエステル。

フィトステロールエステルとは、セラミドと似た成分のこと。

皮膚のバリア機能がが備わっていて、性質が皮脂に近く、肌をしなやかに整える効果が期待されている。

副作用の報告は見つかりませんでしたので安全な成分です。

メドウフォーム油

リムナンテス科植物メドウフォームの種子から得られる植物オイルで、不飽和脂肪酸が95%含まれている抗酸化成分です。

イコセン酸は、魚に多く含まれる高血圧防止の効果がある成分で、メドウフォーム油にはイコセン酸が60%を占めています。

ホホバオイルはイコセン酸が70%を占めて、メドウフォーム油と似ています。

メドウフォーム油は浸透性はないので、肌に塗るとしっとり滑らかでさっぱりした感触を与えたり、肌の水分を保持する効果があります。

副作用の報告もなく安全性は高いです。

シュガースクワラン

サトウキビ糖液から得られるシュガースクワランで、2014年に医薬部外品への配合が認められました。

サメ由来、オリーブオイル由来がありますが、供給が安定しないのでサトウキビ由来が多く使われています。

保湿性に優れいて、化粧品用のエモリエント剤(皮膚からの水分蒸散を防いで肌の潤いを保ち、肌を柔軟にする作用)として非常に有用な成分で、添加物や科学物質が含まれていない、透明な天然保湿剤です。

スクワランは人間の肌の中にも存在してる天然の保湿成分ですが、20代後半から30代にかけて減少していくので、健康的な肌を保ちたいのであれば補ってやる必要があります。

シュガースクワランは、人間の体内で作られるものと同じなので、肌に馴染みやすく安全性が高いです。

濃グリセリン

濃グリセリンとは、昔から使われている保湿剤のグリセリンの濃度が濃いものです。

毒性がほとんどなく、医薬品として利用されています。

クリーム、乳液などに配合し、製品の粘稠度を維持するとともに、皮膚面での保湿性と使用感を調整する目的で用いる。

水溶性で水に溶けやすいので、肌と馴染みやすく使い心地は良いです。

キサンタンガム

天然成分由来のガム類で食品やドレッシングなどにとろみをつける増粘剤のひとつ。

乳液や化粧水に添加することにより液体の粘度をあげ、しっとり感などテクスチャを調整させるのに使います。

一般の化粧品に幅広く利用されていて、食品にも使われる安全な成分で、副作用の情報はありませんでした。

L−アルギニン

コラーゲンや尿素作りに関わっている植物由来の糖から抽出したアミノ酸です。

生体内に存在するアミノ酸の一種で、塩基性アミノ酸であり体内で合成される非必須アミノ酸です。

保湿因子(NMF)の主成分であるアミノ酸の構成成分でもあり、保湿効果がある皮膚コンディショニング剤として使われる。

水溶液が他の成分を乳化させる時に、アルカリ剤(天然系の中和剤)として使用されます。

副作用の報告はなく安全な成分です。

カルボキシビニルポリマー

アクリル酸を重合した合成系陰イオン性高分子化合物で、安定性が高いので増粘剤として最もよく使われている。

温度による粘度変化や耐微生物性などに優れるので、乳液などの化粧品の軟膏基材として医療品にも使用される。

化粧品に適度な粘度を持たせたり、使用感を向上させる目的で配合される水溶性の高分子のアルカリ中和物で、安全性の高い物質です。

副作用の報告もなく安全性の高い成分です。

自己乳化型モノステアリン酸グリセリル

非イオン界面活性剤であるステアリン酸グリセリルに乳化安定作用のあるアニオン界面活性剤(石けん)もしくはモノ脂肪酸グリセリルを配合した非イオン界面活性剤です。

皮膚をなめらかにしたり、潤いを保つ働きがあります。

モノステアリン酸ポリエチレングリコール

油性成分(高級脂肪酸)のステアリン酸に水性のポリエチレングリコール(PEG)をつなぎ合わせた非イオン界面活性剤です。

泡立ちは乏しいですが、水と油の間に入って水と油を混ざった状態にしておくことができる優れた乳化剤として乳液やクリームなどによく使用されます。

ステアリン酸

動物性・植物性脂肪で最も多く含まれる飽和脂肪酸(高級脂肪酸)。無味・無臭の白色の結晶。水には溶けず、有機溶媒に溶ける。グリセリドのステアリンとして油脂の主成分。石鹸・蝋燭などの原料。

高級脂肪酸の一つでM牛脂、大豆油、綿実油などを加水分解して作られます。

洗浄剤、乳化剤、油剤としてや、のびや硬さなどの感触調整や、安定性を高める目的で用いられます。

メチルポリシロキサン

代表的なシリコーンオイルのことで、水にも油にも溶けにくく撥水性があり被膜を形成する性質を持っています。

メイクアップ化粧品などに配合されたり、枝毛防止のコーティング剤としてよく使われます。

油分を配合するあらゆる製品に感触調整剤として汎用されています。

化粧品でもよく知られていますが、医薬品としても腸内ガスの駆除および胃腸管内のガスに起因する腹部症状の改善薬として広く知られています。

フェノキシエタノール

化学構造的にエチレングリコールの水酸基(ヒドロキシ基)にフェノールの水酸基がエーテル結合した芳香族アルコールです。

一般的にアルコールと言われる、酩酊成分が入っているエタノールとは違います。

おもにヨーロッパで1950年代に医薬品の防腐剤として使用され、今日でも小児用ワクチンやインフルエンザワクチンなどをはじめとするワクチン類などの防腐剤として汎用されています。

微生物の増殖を防いで品質を守ってくれます。

パラベンに比べて低刺激なので、パラベンの代わりに使用しれることが多いです。

副作用の報告もなく安全性は高いです。

1,2−オクタンジオール

さっぱりした感触と優れた抗菌性を有する多価アルコールで、高い抗菌性を有する多価アルコールの一種であるアルカンジオールでもあります。

1,2−ヘキサンジオール

さっぱりした感触と優れた抗菌性を有する多価アルコールで、高い抗菌性を有する多価アルコールの一種であるアルカンジオールでもあります。

1,2−ペンタンジオール

さっぱりした感触と優れた抗菌性を有する多価アルコールで、高い抗菌性を有する多価アルコールの一種であるアルカンジオールでもあります。

1,3−ブチレングリコール

保湿剤としてベタつきが少なくグリセリンに比べて使用感が軽いことから非常に汎用されている保湿剤です。

1,3−プロパンジオール

糖を発酵させて得られるさっぱりした感触と抗菌性を有する多価アルコールで、抗菌性を有する多価アルコールの一種であるアルカンジオールでもあります。

多価アルコールとは

非常に高い吸湿性と保水性をもっているため化粧品に最も汎用されている保湿剤です。

名称に「アルコール」がついているので勘違いしやすいですが、一般的なアルコール(エタノール)は一価アルコールで、多価アルコールと一価アルコール(エタノール:エチルアルコール)は別の物質です。

精製水

蒸留や濾過やイオン交換などの手法で濃度を上げた、比較的純粋な水。

無色透明・無味無臭で、場合によっては紫外線などで滅菌または殺菌されている。

セラミド2・セラミド3・セラミド6

セラミドは、人の肌に存在している油分で水分の蒸発を防ぐバリア機能のある成分で、皮膚バリア改善作用、水分保持による保湿作用目的で化粧品に配合されています。

セラミドは、0歳を超えると大幅に低下し、50歳になると20代の約半分に減少してしまいます。

セラミドが不足すると乾燥したりシワやたるみができたりするだけでなく、バリア機能も低下していきます。

・セラミド2

角質中のセラミドの約20%がセラミド2です。

保湿機能をサポートする働きを持っており、人間の肌にもっとも多く含まれています。

・セラミド3

皮膚中の約15%がセラミド3です。

保湿機能だけでなく、シワを軽減する機能があります。

・セラミド6

水分保持機能にくわえて、ターンオーバーの促進、シワを軽減する機能を持っています。
 

Frequrell(フレキュレル)

安心安心の美白クリーム!


 

【フレキュレル/副作用】フレキュレルは肌質・性別・年齢に関係なく安全な理由

フレキュレル副作用安心安全
フレキュレルは、敏感肌の人・乾燥肌の人や性別・年齢関係なく、誰が使っても大丈夫なくらい安全です。

敏感肌の人でもピリピリしないように、不要な物は入れないでくれています。

男性・女性・年齢問わず、肌に違和感を感じてる人や、肌に優しい美白クリームを探している人は、フレキュレルが良いですよ。
 
 
今まで多くの美容関連の商品は、石油を原料として作られた、石油由来成分が多く含まれていました。

石油由来成分で作られているものは、防腐剤として使われるパラベンや、赤色◯◯号などのタール系着色料、ミネラルオイルなどです。

石油由来成分を使うのは、原料が安く済むというのもありますが、販売店などで長期間保管されても、品質が劣化しないようにするために使っていました。

安全性の点でいうと、植物由来成分にくらべて石油由来成分の方が、効き目が強いので肌に影響が出る可能性が高いと言われているので、石油由来成分は敬遠されています。

石油由来成分の替わりになる機能を、植物性由来成分は持っているので、有効成分のグリチルリチン酸ステアリル、タイムエキス、アーティチョークなど、フレキュレルは多くの植物由来成分が使われています。

石油由来成分を減らして、植物由来成分を使うことで、低刺激性のクリームになっているので、敏感肌や乾燥肌や思春期のお子さんでも安心して使うことが出来ます。
 

Frequrell(フレキュレル)

植物由来成分が豊富な美白クリーム!


 

【フレキュレル/副作用】6つの無添加で敏感肌でも安心な低刺激クリーム

フレキュレル副作用無添加
フレキュレルは今まで化粧品に使われていた、「香料」「紫外線吸収剤」「パラベン」「着色料」「タール系着色料」「鉱物油」の6つの添加物を使ってないです。

化粧品がいつでも買えるのは、長期間保管しても品質保持出来るように、防腐剤などが入っているおかげです。

必要な物が入っているのは問題ないですが、テンションを上がるためだけの香りと着色は、実際の効果に関係ないので入れて欲しくないと思います。

効果を期待して買った化粧品に、不要な物が入っていたことで、肌荒れが起こったら最悪ですからね。

でも添加物の変わりに使った植物由来成分のエキスで、アレルギーを起こすこともありますので、成分はしっかりと確認して下さいね。

フレキュレルが配合を辞めた、不要な6つの添加物について紹介します。

香料

人間は香りの種類によって、リラックスしたり気分が上向いたり、様々な影響を受けます。

香りは、唯一脳に直接刺激を送れるもので、影響は大きいです。

例えば、ラベンダーはリラックス作用があったり、ペパーミントはリフレッシュ作用があったりします。

化粧品における香料の役割は、ブランドを認識させる目的が主です。

フレキュレルは、合成香料、天然香料に限らず、皮膚炎を起こす可能性があるので使用していません。

また香料と書いてあるものは、大半が科学合成して作られた香りで、残留性の高いもの、生体に蓄積しやすいもの、発がん性の高いもの、有毒なものは使用が禁止されています。

原材料の香りがキツく不快になる場合以外は、化粧品に香料は必要ないので使わないで良いですよね。

紫外線吸収剤

紫外線対策に有効な日焼け止めには、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤があります。

ファンデーションやクリームにも、紫外線吸収剤が配合されている場合が多く、紫外線対策機能もあるとして販売されています。

紫外線吸収剤はケミカルとも呼ばれ、透明性が高く白浮きしない、汗に強い、塗り心地が良いなどメリットがあります。

ですが紫外線吸収剤は、紫外線を吸収するので、敏感は肌の人は刺激を受けやすく、かぶれたりすることが多いです。

紫外線散乱剤はノンケミカルとも呼ばれ、肌の上で紫外線を跳ね返してくれので、肌への刺激が少ないです。

フレキュレルは、シミ・そばかす専用なので紫外線対策の効果まで配合すると、専門性が弱まるので、ケミカルもノンケミカルも配合されていません。

ですが、ユキノシタエキスやボタンエキスやオウゴンエキスなどに、紫外線のダメージを減らしてくれる作用があるので、十分だとと思います。

パラベン(パラオキシ安息香酸エステル)

パラベンは最も有名な防腐剤ですね。

防腐剤は、化粧品の品質を維持するのに必要な成分で、昔から化粧品や食料品に使われていました。

ですが、昔に肌荒れが起きたことで敬遠されるようになりました。

パラベンについて資生堂のHPに下記のように書かれていました。

稀に「パラベンを配合した化粧品は肌がかぶれる」などといった情報が発信されていることがありますが、この場合の多くは配合されている量が多いことが原因となっています。資生堂では、厳しい安全性の基準を設け、専門家が個々の製品毎に適切な量を設定しておりますので安心してお使い頂けます。 引用元:資生堂

化粧品基準でパラベンの使用量の上限は、100gに対して1.0gと決まっています。

市販の化粧品はだいたい0.1~0.5%だと言われていますが、明確に書いているものはありません。

配合量の記載がないものは、肌荒れが起こるかもしれないので、使わないで済むなら使わないのが良いですね。

フレキュレルはパラベンの代わりに、医療用のワクチンにも使用されるフェノキシエタノールなど安全性の高い成分を、防腐剤の代わりに使用しています。

着色料・タール系着色料

着色料やタール系着色料は化粧品では主に、口紅やアイライナーなどの色付けに使用されています。

現在は石油を生成する時に生じる「ナフサ」を原料として生成されています。
(ナフサとは、原油を分留して得られる軽質油。粗製ガソリン。精製してガソリンとするほか、石油化学製品の原料として用いる。)

タール系色素の中には、海外では使用が禁止されていたり、自主規制の対象になっているものもありますが、日本では規制が緩く、使用が認められているものもあります。

例えば、発がん性が確認されている青色1号は、EC諸国では使用を禁止されていますが、日本では使用可能です。

このように着色料・タール系色素には、発がん性があったり危険なので、フレキュレルでは着色料は使用していません。

鉱物油

石油からプラスチックやその他工業製品を作った後に出る廃油精製し、不純物を取り除いた油のことで、ミネラルオイルとも呼ばれ、ワセリンやベビーオイルの原料にもなっています。

鉱物油は肌へ浸透しないので、外部刺激から皮膚を守るには最適です。

鉱物油は肌に悪いというイメージがあるのは、精製技術が低く不純物を多く含む粗悪な鉱物油を使った化粧品があったからです。

今では精製技術が向上したため、安全性に問題はなく安全に使えるようにはなっています。

鉱物油を使っても大丈夫に思えますが、気を付けないとダメな点もあります。

鉱物油は肌へ膜を作って外部刺激から保護するのですが、肌が弱い人が使い続けると肌の代謝が悪くなり、肌荒れの原因にもなります。

また肌に塗った場合落ちにくいので、しっかり落とさないと毛穴を塞ぐ原因にもなります。

顔に塗るクリームの場合、洗顔の負担が大きくなります。

フレキュレルは鉱物油を使用してないので、鉱物油のデメリットは考えないくても大丈夫です。
 

Frequrell(フレキュレル)

安心安全のオールインワン美白クリーム

フレキュレルは男性が使っても安全性は大丈夫なのか

男性と女性で肌質が違いますが、フレキュレルは男性が使っても大丈夫です。

男性の場合、女性より3倍も皮脂が多く水分量は半分以下と言われています。

男性の肌がギトギトしていたりテカっていたりするのは、肌に水分が少ないのを脂を分泌することで補っているからです。

そのため女性用のスキンケア商品ではなく、皮脂の多い男性に適した男性用のスキンケア商品を使った方が良いと言われています。

ですが、男性も女性同様に正し洗顔をして、脂と汚れを落としてから保湿すれば良いだけです。

なので女性用のスキンケア商品を使っても安全性に問題はないです。

ですが、男性は女性よりシミ・そばかすが出来にくいので、フレキュレルは必要ないかもしれませんね。

フレキュレルは子供・中学生・高校生が使っても安全性は大丈夫なのか

フレキュレルを、子供や思春期のお子さんが使っても安全性は高いので大丈夫です。

ですが子供には、フレキュレルのような有効成分が豊富に入った商品より、保湿だけするようなシンプルな商品が良いです。

高校生はまだ良いですが、まだ成長段階にある子供・中学生に栄養のあるものを肌に与え続けていると、肌がメタボになって逆に不健康になると思います。

例えるなら、赤ちゃんが食べ放題のお店で食事ばかりしてるようなものです。

そのまま食べ続けて大人になった姿を想像すると、相当ヤバイですよね。

シミ・そばかす対策に紫外線は気をつけた方が良いと思いますが、それ以外はシンプルな保湿以外何もしなくて良いです。

フレキュレルの安全性は高いですが、大人以外が使うのは控えた方が良いですね。

【フレキュレル/副作用】安心安全の国内工場で製造管理

フレキュレル安心安全副作用
フレキュレルのように毎日顔に塗るものは、ちゃんと品質管理されたところで作っていて欲しいですよね。

いくら副作用のない成分を使っていたり、肌に優しい無添加の商品だとしても、作っているところが怪し場所だったら、安心して使えません。

やっぱり海外で作られているより、日本国内で作られている方が安心しますよね。

フレキュレルは、ISO 9001を取得した国内工場で作られているので安心できます。

工場といっても部品などを作っている工場ではなく、医薬品の製造現場と同等のレベルに管理された工場で製造管理されています。

ISO9001とはQMS(Quality Management System)とも呼ばれる国際規格のことです。
良い製品(サービス)を作る(提供する)ためのシステムを継続的に維持・改善するために要求される規格で、世界170カ国以上で導入されている品質マネジメントシステムです。
世界170カ国以上で100万以上もの企業がISO9001の品質マネジメントシステムを導入している。
引用元:ISOプロ

医薬品と同等レベルの工場で作って品質管理されてるなら、フレキュレルは安心して使えますね。
 

Frequrell(フレキュレル)

日本国内で製造管理された安心の商品